VIP店長の店員

查看个人介绍

捨て子のステラ-歌詞

OASiS:

作詞,作曲:Neru

歌唱:鏡音リン

アレンジ:Neru & z'5

これっぽっちの天体に

7.00*10^9分くらいの命を捨てて

逃げる


一つ分の明かりで暮らせだなんて

都合良い利己主義(りこしゅぎ)的な

話だ


青を黒で塗りたくった

画家の絵皿(えさら)みたいだ


恒星 天文 創造

天動説(てんどうせつ) 相対論(そうたいろん)

結局僕等は何なんだ


ガラクタの望遠鏡(ぼうえんきょう)で僕を映して

遠い星を覗(のぞ)いている

暗くて 不細工(ぶさいく)で

相俟(あいま)って他愛なくて


頬を伝う

流星群をそっと落として

理神論を恨(うら)んでいる

手合わせて 願って

三回光る前に

僕を見付け出して


それは それは

とある星の 昔話

あの澄んだ青色は何処かの

誰かが泣いた残滓(ざんし)らしい


ガラクタの望遠鏡を持って去(はし)って

遠い星を目指している

稚拙(ちせつ)で 小さいが

諦められなくて


天の川なんてワンツーステップで超えて

アルタイルの先へ飛んでいく

転んで 踠(もが)いて

ようやく届きそうだ


この宇宙は

広い

そして

深い


けれど

まだ

ばかり


ただ一つ

わかったよ

ひとりは

さみしいよ


评论
热度(5)
  1. VIP店長の店員MeL 转载了此文字
 
©VIP店長の店員 | Powered by LOFTER